コラム

 公開日: 2014-05-30  最終更新日: 2016-11-18

足の裏に聞け! 階段の材料は?

無垢材の使い方 階段編


 足の裏に聞け2



 前回椅子生活では堅い広葉樹、寝転んだり直接床に座るのであれば柔らかな針葉樹がお勧めと説明しました。
階段はどう考えればいいでしょうか。

 床と階段は同じく足裏が直接接するところであるのは同じですが、大きく違うところがあり、この違いがポイントになります。
なにが違うかというと、「角がある」こと。



 1段1段踏み板の手前は角があり、ここに一番負担がかかり、永い時間の生活の中で素足とはいえ少しずつ少しずつ削られて角が丸くなっていきます。
古い民家やお寺などの踏み板の角が丸くなって減っているのを見たことがある方も多いと思います。
丸くなると滑りやすくもなり危険ですね。

 滑り止めの樹脂や金物なども市販されていますが、せっかくの無垢材であれば余計なものはつけたくありません。
そのようなことを考えたときにお勧めの無垢材は「桧」です。
杉の床材の住まいでも桧の階段材は違和感なく納まります。

 杉材は平面的に踏まれることには柔らかいとはいえ表面強度は十分ありますが、角が大切な踏み板では繊維方向での肌別れやササクレ、角の摩耗が起こりやすい材料です。
その点では桧の方が優れています。



 タモやナラなどの広葉樹の床の住まいでは桧を使うと質感として違和感があります。
広葉樹の床ではやはり広葉樹の階段材が意匠的によいでしょう。
滑り止めを施す場合は樹脂や金物では無く踏み板の手前側に2~3本程度の溝を掘ってもらいましょう。

また、やってはいけないのはウレタンや表面塗膜をつくる塗装です。
ワックスを使う場合も自然素材で浸透性のタイプを使いましょう。
せっかくの無垢材の呼吸を止めてしまいうばかりか、自然の物に化学物質を塗り込むことにもなります。さらに滑りやすくなり危険も増します。

 施工者が特に気にすることなく滑りやすい塗装を行っているのを良く見かけます。
自然素材を使う意味を考えれば、本来行われないはずですが、施工者が皆さん自然素材の特質を理解しているわけでは無いので、住まい手や設計者が注意しなければいけないポイントです。
階段の踏み板としてはある程度厚みが必要です。
 


 毎日毎日家族の体重が掛かり多少なりともしなりながら動いていますので、床材に比べ強度が必要です。仕上がりで36mm程度あるとしっかりとして、がたつきも出にくい階段になります。
床が全て桧ですと香りに敏感な方では香りが強すぎるかもしれません。階段だけであれば微かに香る桧の香りがさわやかに感じられると思います。



家をつくりたいな!
と思ったら読んでください。
良い家づくりのコラム


埼玉の木でシンプル木の家
アーキクラフト一級建築士事務所

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

プライベート伐採に参加して

福田さん  先日は木の伐採に立ち会う機会を作ってくださり...

H
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
明日の5月25日ご案内
イメージ

久々のトピックです。NHK-FM埼玉NHK-FM埼玉51.5Mz 5月25日 18:00~18:50【マイ“ホーム&タウン”物語】 ...

[ 家のしくみ ]

健康に暮らすための冷暖房の考え方
イメージ

 健康に暮らすための冷暖房の考え方  室内環境(暑い寒い)は健康に大きな影響があります。エアコンありき...

[ 健康的に暮らすすまいのチェックポイント ]

山桜のアイランドキッチンのつくり方
イメージ

 山桜のアイランドキッチンのつくり方  築120年からの旧庄屋さんの古民家を改修して料理教室とカフェ...

[ オリジナルキッチンのすすめ ]

健康に暮らすための間取りの考え方・風の道
イメージ

 健康に暮らすための間取りの考え方・風の道  風が通りやすく、快適に暮らせそうな敷地の使い方のイメージ...

[ 健康的に暮らすすまいのチェックポイント ]

健康的に暮らすために敷地の使い方で注意したいこと
イメージ

 健康的に暮らすために敷地の使い方で注意したいこと  健康的に暮らせそうな土地が決まれば次は敷地の使い...

[ 健康的に暮らすすまいのチェックポイント ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ