コラム

 公開日: 2014-05-27  最終更新日: 2014-11-15

床を選ぶ時は足の裏に聞け!

床を選ぶ時は足の裏に聞け!

無垢材の使い方

床材編
全てが全て自然素材で住いをつくるにはコストや施工時間など様々な問題をクリアーしなければなりません。
完ぺきを求めるのもあるとは思いますが、「可能な範囲で少しでも良い室内環境に近づける」という考え方が大切です。
それには使う場所の優先順位を付けて使うことです。



最優先は床材です。
理由は素肌が常に直接接し、寝転んだり直接座ったり、日本人は床に直接接する生活スタイルなのです。
また小さい子供をお昼寝させたり、ハイハイしたり、呼吸器にも近く一番気を付けたい場所なのです。

自然素材の床材と言えば当然無垢板のことを言います。
表面にスライスした薄い板が合板の上に貼ってあるものは合板フローリングといい接着剤の塊です。
気になって調べてみると無垢板の床材とは言ってもいろいろな種類があることに気が付くと思います。



 また、自然素材の住まいを得意とする会社でもそれぞれ床に使う樹種が違っていたりして、一般ユーザーにとっては判断が難しいところです。
まずは無垢床材としてメジャーなところだけ抑えてみましょう。

 広葉樹系の「ナラ=オーク」
おとなしい色合いで、硬い樹種です。比較的安価、国産では北海道の物が多く出ています。
 広葉樹系の「タモ=アッシュ」
おとなしい色合いで、硬い樹種です。国産材は少なくなっています。
 広葉樹系の「チーク」
緻密で硬く高級フローリングです。日本にはありません。東南アジアからの輸入品です。
そのほかにはメープルやカバなどがスタンダードなところです。

 針葉樹系での代表格は「桧」
昔から使われてきました。節のない物を求めると高価ですが、節があるものであれ場比較的安価に入手できます。
 針葉樹系の「杉」
触れた瞬間の柔らかさや暖かさでは一番、しかも節を気にしなければ桧よりも安価です。
欠点は傷がつきやすいことと、比較的狂いが大きい事、「床なんて傷ついて当たり前」と割り切れる人にはおすすめです。
 針葉樹系の「松」
赤松や唐松があります。同じ松の中までも色合いが違いますが、地方によっては杉や桧よりも入手しやすくスタンダードな床材です。
このほかにもたくさんの床材がありますが、今回は床材の選び方に重点を置きたいのでこの辺にしておきます。
 
 選択の仕方はそれぞれです。
値段優先もあるでしょう。木目や色合いの見た目の好み優先もあります。自分の育った地域の木材だからというのも楽しい選び方だと思いますが、一番優先してほしいのは「暮らし方です」。
椅子に座る、ソファーに座る生活スタイルがメインなのか、座卓や床に直接座る生活スタイルなのかです。



 一般的に広葉樹は硬く、椅子の暮らしに向いています。
靴を履いて室内でも生活する国では堅い床材を使い、針葉樹の和らかい床材は使いません。堅い床材に長く座っているとお尻が痛くなります。
寝転んだり昼寝をしたり直に座ることが多いのであれば柔らかな床材を優先して選ぶと快適に過ごせます。

 逆に椅子生活で柔らかな桧や杉を使うと硬い椅子の足などで傷が目立ってしまいます。
床材の厚みや下地のつくり方で床の堅さの感じは変わるものですが、基本的な選び方は「暮らし方」優先で足の裏に聞いてみましょう。

家をつくろうと思ったら読んでみてください。
良い家づくりのコラム

柔らかな床材の事例はこちらです。

事例集お送りしています。
お問い合わせください。

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

新しい暮らしでのこの夏の過ごし方など伺いました。

〇「木の家だからって外気温が暑いのだから涼しいわけはあり...

木玩の家
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市 通り土間のあるこぐまさんの家UPしました。
イメージ

 上尾市 通り土間のある こぐまさんの家UPしました。 上尾市で土地から求めた住まいづくりでした。...

[ 実例集 ]

伐採見学会です。
イメージ

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時...

[ 山と材木 ]

上尾市 こぐまさんの家 ギャラリー掲載しました。
イメージ

上尾市で土地から求める家づくでした。 ご夫婦とお子様2人これからの暮らしを支える家づくりです。プロジェ...

[ 子どもと住まい ]

無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?
イメージ

 無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?  一般的に床材として商品になっている無垢の床材の厚みは、9mm、1...

[ 建物の素材 ]

押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方
イメージ

 押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方  収納編 部屋の仕上げ材は気にするけれど収納の中までは...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ