コラム

 公開日: 2014-04-23  最終更新日: 2014-07-03

埼玉でエアコンのいらない家

埼玉でエアコンのいらない家


エアコンはなるべく使いたくないという方の住まいの相談を多くいただきます。
お話を聞いていくとエアコンをなるべく使いたくないという理由は大きく分けて2つあります。



1つはエアコンによる体の不調
エアコンによる体調不良を経験された方が多く、家族の健康を考えた上でなるべく使いたくない。という判断です。
快適に過ごすためのエアコン設備ですが、人工的に造られた室内環境の違和感なのだと思います。
何かもっと別の方法でも快適に過ごせるのではないかという期待感を感じます。



2つ目の理由は単純に電気代の節約です。
エネルギーシフトの真っただ中で生活している私たちです。エネルギー消費に無関心でいられるわけはありません。省エネ推進と言われ節電キャンペーンなどを展開される状況の中で、だったらこの際「エアコン無しで」というわけです。

では、エアコン無しの暮らしとはどのような住まいでしょうか。
室内環境に対する考え方も大きく分けて2つあります。



一つが室内環境を人工的にコントロールし、省エネを実現する手法で「スマートハウス」と呼びます、補助金支給などをあてて国も推進しています。
この手法ではエネルギーを「見える化」することにより省エネ意識を高める。という考えで、エアコンも積極的に使用しますが、上手にコントロールすることにより省エネになるという手法です。

もう一つは自然の環境を利用しながらできるだけ快適に暮らす、「パッシブハウス」という手法です。
アーキクラフトでは少し昔に戻った家づくりをしていますが、その地域に適したつくり方があります。
昔から住まいは地域の環境に合わせたつくり方で暮らしやすく工夫されてきました。



昔のつくり方をそのまま今再現するのではなく、知恵や工夫をもう一度見直し、現代の技術や素材も取り入れながら、体に優しい快適な住まいをつくろうとしています。

「エアコンのいらない家」とは言っても全く使わないということでは無く、扇風機もあればストーブも使いながら程々にバランスのとれた暮らし方が出来ればそれがよいのではないかと考えています。

何かの機器に過度に依存しない、何かのエネルギーに過度に依存しない。
暑ければ一枚脱ぐ、寒ければ一枚着る。窓を開ける。閉める。
人が動かなくても快適になる手法では無く、人が動かないと快適にはならない。
そんな緩い考え方の住まいをつくりながらその延長線上に「エアコンのいらない家」が実現できるのではないかと考えています。

実際に近年設計させていただいた何軒かのお家では全くエアコンを使わないか使っても少しだけ、という方が多くいらっしゃいます。
もちろん最初からそのような暮らしを望んでいる方たちですので意識や心持ちの問題もあると思いますが、暮らしやすさは建物のつくり方である程度コントロールできるものなのです。

「エアコンのいらない家」にどうしても必要なのは「夏の風と冬の太陽」その辺のことを次回はもう少しお話ししたいと思います。

埼玉でシンプルな木の家をつくります。

住いのコラムもどうぞこちらです。

★★★★★木の家事例集お問い合わせください。

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

伐採見学会で家に使う木材をプレゼントされました。

こんばんは。石原の家です。 先週は伐採見学会おせわになりま...

石原の家
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市 通り土間のあるこぐまさんの家UPしました。
イメージ

 上尾市 通り土間のある こぐまさんの家UPしました。 上尾市で土地から求めた住まいづくりでした。...

[ 実例集 ]

伐採見学会です。
イメージ

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時...

[ 山と材木 ]

上尾市 こぐまさんの家 ギャラリー掲載しました。
イメージ

上尾市で土地から求める家づくでした。 ご夫婦とお子様2人これからの暮らしを支える家づくりです。プロジェ...

[ 子どもと住まい ]

無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?
イメージ

 無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?  一般的に床材として商品になっている無垢の床材の厚みは、9mm、1...

[ 建物の素材 ]

押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方
イメージ

 押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方  収納編 部屋の仕上げ材は気にするけれど収納の中までは...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ