コラム

2014-04-08

自然素材の家の予算 バランスを考えて予算をコントロール

自然素材の家の予算


「自然素材の家は高い」とよく言われます。では実際におどのくらい高くなるのでしょうか。
構造材を無垢材として内装材に漆喰や和紙などを使っていくと、一般的な集成材を構造に使い、ビニールクロスや合板フロアーを使った家に比べ大ざっぱに2割方高くなります。

一般的なつくりがどの程度なのか工務店やメーカーにより違いますのでわかりにくい現し方ですが同じ間取りで以前比較検討した時のデータです。
ただ自然素材の値段には付加価値というものがあり、無節であるとか産地指定であるとか銘木と言われる素材を求めていけばその値段にきりはなくなります。

高いものや節のない物だけが本物では無く、節が有ろうと地域材であろうと本物です。
自分達はどうして自然素材がいいのか、ということを考えてください。
勧められるままに高い物を使うのではなく、節があっても本物であれば調湿性能もありますし、香りやましてや木の質感などはリーズナブルな素材の方があるものです。

また、自然素材の家の値段が高くなる理由の一つに労務費があります。
大きな面積をいっぺんに貼れる合板フロアーに比べ無垢の床板は1枚1枚しかも癖を見ながら貼ります。
左官仕事では下塗りから仕上げまで時間と労務が掛かります。
当然全体の工事期間も長くなりそのようなことも自然素材の家の値段が高くなる理由です。

コストバランスを考えて予算内に納めるコツ

ポイント1
自然素材の優先順位をつけること。
ポイント2
自然素材を使う目的を整理すること。
ポイント3
新建材も否定しない。

ポイント1については自然素材にしたい部位のことです。
室内の空気環境を考えるのであれば、床材から自然素材にしましょう。
住いの中で唯一素肌が常に接している場所であり、就寝の時などは呼吸器に一番近い場所場所でもあります。また、新建材に使われる揮発性溶剤は揮発するときには上に上がります。
ですから床が第一です。
床だけでも自然素材にしておけば室内環境は必ずよくなります。

2番目は壁材、3番目は床の下地や接着剤、4番目が天井など、これは私なりの優先順位ですがそれぞれ室内でおいしい空気を吸うためにつけた優先順位です。

ポイント2は目的
インテリア的に木目を楽しむためであれば室内のアクセントとして使いますので、沢山の自然素材を使う理由はなくなりますし、構造材まで自然素材にする理由はなくなります。
美味しい空気を吸うためなら、最低限床を全て自然素材にすべきです。
お子さんのためと考えるのならば寝室、子供部屋、リビング優先で考えられそうです。

ポイント3は新建材
シックハウス法にて危険度の高い物質の使用は制限されています。
使い方に気を付ければ否定するものでもないと考えています。肌が接するところは自然素材で施工し、下地などは合板を使う。
タイルを使うところは施工性のよいパネルを使う。などです。

それぞれの良い点を融合させてコストバランスを考えましょう。
また自分達だけでその作業を行うことはとても難しいことです。優先順位を理解し、一緒に考えてくれる施工者、設計者を探しましょう。

関連コラム  自然素材のデメリット02 断熱材編-1
自然素材のデメリット03 断熱材編-2
        自然素材のデメリット04 内装材編-1床
        自然素材のデメリット05 内装材編-2壁
        自然素材のデメリット06 内装材編-3壁
良い家づくりのコラムもどうぞご覧ください。

アーキクラフト住いの事例集お送りしています。事例集お問い合わせ

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

春の皮むきイベント  「冬に木を伐り、春に皮を剝き、夏に家を支える」 毎年恒例イベント

福田さん  昨日は大変お世話になりました。暑い中、なかな...

上戸新町
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
オープンキッチンのゴミ箱どうする?
イメージ

 キッチンプラン オープンキッチンゴミ箱どうする? 8畳のオープンキッチンダイニング2世帯住宅の親...

[ 間取り ]

古民家リフォームギャラりーUP

古民家リフォームギャラりーUPいたしました。刺激の少ない素材に徹底的にこだわりました。床:サワラ(無地3...

[ 建物の素材 ]

2世帯住宅の玄関のつくり方
イメージ

 ある程度いい感じの分離 当事務所で設計させていただいたお住まいのほぼ3割が二世帯住宅です。 2世帯住...

[ 間取り ]

キチンレイアウトのご相談
イメージ

 キッチンレイアウトのご相談を受けました。 3.64m(2間)幅のキッチンで窓を剥いたレイアウトを希望さ...

[ 間取り ]

キッチンレイアウトのヒント
イメージ

 キッチンレイアウトのヒント  誰しも十分な広さのあるリビングが取れればそれに越したことはありま...

[ 間取り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ