コラム

 公開日: 2014-03-15  最終更新日: 2014-07-03

美味しい空気を吸いたいじゃないですか!01

美味しい空気を吸いたい!01


ある統計によると一般的な生活スタイルの人では人生の約60%が自宅で過ごしている時間だそうです。
6割の空気は家の中の空気を摂取していることになります。

また、東京都保健局の資料から見ると、一日あたりの呼吸量は0.6㎥/㎏(子供)
0.3㎥/kg(大人)というデータがあります。子供は大人の2倍の呼吸量になるそうです。
これらのデータを見るとやはり室内環境を整えることが健康に暮らすベースななつてくることがわかりますし特に影響が大きいのは子供達ということになります。
免疫力がまだ弱い小さな子供たちは尚更家にいる時間が多く室内の空気による影響が大きいことが考えられます。



室内空気は当然のことながら、窓を開ければ入れ替わります、常に換気を心がける家であれば、常に新鮮な空気が入るため汚染された空気が滞留したり、濃度が濃くなったりすることは少ないと思います。
建築基準法でも新築の家の24時間換気が義務付けられているのはその理由によります。

近年気密性や空調設備能力の向上から窓を開けなくてもというか逆に窓を開けないほうが快適な室温を維持で来るようになり、自然と窓を開ける習慣が薄れてきています。
法律で換気を義務化しなければ知らず知らずのうちに汚染された室内環境に身を置くことになるということです。



家が室内の空気を汚染しているとしたら何が影響しているのでしょうか。
家の素材として考えられるのは
壁紙

フローリング
べニア類などから揮発される成分です。

また暮らしに関わるものででは
カーテン
家具
おもちゃ
防虫剤
芳香剤
洗剤
衣類などなど家の素材よりたくさんありそうですが、暮らしの意関わることはつくり手側としては如何ともしがたいところがあり、どうこう言えるものではありませんが、家の素材であれば改善できそうなものですが、不安のある素材が使われる理由はなんなのでしょうか。

スーパーの野菜売り場では少し高いけれど生産者の顔が見える安全な野菜が販売されるようになりました。
信頼のおける農家から直接取り寄せる方も増えているようです。
家づくりの素材ではそのような取り組みはまだまだごく一部のこだわりの家づくりで行われているのみです。



一般的につくる側の根底にある考えは、家は「完成品として売る商品」なのです。
完成品としての商品で必要なことは、
クレームが起きない事
トラブルが無い事
売った後の手離れがよい事
出来るだけ早く引き渡す事
利益が上がる事

家をつくる側の人たちは新建材と言われる化学物質を含んだ建材の危険性を多くの人が知っていますから、自分の家では使わないという人もいます。
新建材の危険性を説明しても理解してもらえないであるとか、即効性の家づくりではその時間が無いであるとか、自然素材はそもそもクレームの温床である、トラブルを抱える。安く上がる。
など、どうやら「完成品として売る商品」として家づくりを考えたときに便利なのが、新建材の家づくりなのだということが見えてきます。

でもそうではない家づくりの手法はもちろんあります。
それはまた次回に書きたいと思います。

シンプルな木の家を提案します。アーキクラフトです。

1995万円 シンプルな木の家を提案しています。

事例集お問い合わせください

コラム集はこちらです。

アーキクラフトメルマガご登録ください。トップページ最下部です
イベント・住まいの情報などメルマガご登録ください。

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

新築のお礼を頂きました。

福田さん  ご無沙汰しています。お元気ですか。  少し...

いろは
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市 通り土間のあるこぐまさんの家UPしました。
イメージ

 上尾市 通り土間のある こぐまさんの家UPしました。 上尾市で土地から求めた住まいづくりでした。...

[ 実例集 ]

伐採見学会です。
イメージ

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時...

[ 山と材木 ]

上尾市 こぐまさんの家 ギャラリー掲載しました。
イメージ

上尾市で土地から求める家づくでした。 ご夫婦とお子様2人これからの暮らしを支える家づくりです。プロジェ...

[ 子どもと住まい ]

無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?
イメージ

 無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?  一般的に床材として商品になっている無垢の床材の厚みは、9mm、1...

[ 建物の素材 ]

押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方
イメージ

 押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方  収納編 部屋の仕上げ材は気にするけれど収納の中までは...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ