コラム

2014-02-05

無垢の床材に塗装は有り?無し?

無垢の床材に塗装は有り?無し?


ハウスメーカー打ち合わせ中の方からメールでご相談を受けました。
無料相談(メール)無料相談(メール)



相談内容
 ハウスメーカーで仕様打ち合わせ中に当初から気にいっていた無垢床材(パイン材らしい)を選択したら、ウレタン塗装を執拗に勧められています。どう思いますか?
掃除も楽になりますし当社では塗装をされる方が8割ですとも説明されましたが無垢の良さが失われるような気がします。アドバイスお願いします。

自然素材系断熱材

回答
 無垢材にウレタン塗装はある意味では無駄なことではありませんが、なぜ無垢板を選択したのかを考えてみると答えは出ます。

1:木目の雰囲気が気にいり、床材もインテリアの一部として愉しみ、なるべく手間を掛けずに新築時と変わらぬ美しさをできるだか長く保ちたい場合。

2:無垢素材の持つ性質、吸湿や放湿を期待し、素足の触感や床に直に寝転んだり、子供を昼寝させたりする生活をしたい場合。

 1のインテリアとしてのイメージで選択したのであればウレタン塗装も良いと思います。
ウレタンは強い皮膜を表面につくることで長い間板材を保護します。また、無塗装に比べ表面皮膜のおかげで、食べこぼしのシミや、椅子などによる傷もある程度防げます。
掃除も汚れが付着しにくいので化学雑巾などが使いやすく手間がかかりません。
反面いずれ塗装は剥げてきますので再度塗ることが必要になり長い目ではメンテナンスが掛かります。

 2のイメージで選択したのであれば塗装はしてはいけません。
表面塗膜をほどこすことで自然素材の持つ特質がほぼ全て失われ、ただの木目がきれいな板となります。
本来の木材の良さを求めるのであればワックスも掛けない素のものをお勧めいたします。

 優の家川越優の家川越

追記
 パイン材はカナダやアメリカ方面から輸入されている白身の松系材料で、安価に輸入されることから2×4材や、ホームセンタ―で販売されている白っぽい材料を見たらほぼパイン材です。
日本では床材として使いますが、産地では柔らかすぎて靴で生活する文化圏では床に使えないということです。
 日本産では唐松がよく似た木目と質感ですのでもし使えるのであれば唐松の方が木目も緻密で味わいがあると思います。

御相談者には了解の上ブログ掲載させていただきました。
ありがとうございます。

素材の関することやリフォーム、新築までよろず相談お受けしています。
お問い合わせください。お問い合わせください。

金額を判り易くしたシンプルな木の家を提案しています。

事例集お問い合わせください。http://www.archi-c.com/%E3%81%8A%E8%A9%A6%E3%81%97%E7%84%A1%E6%96%99%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%A8%E4%BA%8B%E4%BE%8B%E9%9B%86%E3%81%8A%E5%B1%8A%E3%81%91/

アーキクラフト 埼玉の住まい
http://www55.jimdo.com/app/s4eb81d303850f73a/p83b2e10a4f44dc0f/

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

プライベート伐採に参加して

福田さん  先日は木の伐採に立ち会う機会を作ってくださり...

H
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
オープンキッチンのゴミ箱どうする?
イメージ

 キッチンプラン オープンキッチンゴミ箱どうする? 8畳のオープンキッチンダイニング2世帯住宅の親...

[ 間取り ]

古民家リフォームギャラりーUP

古民家リフォームギャラりーUPいたしました。刺激の少ない素材に徹底的にこだわりました。床:サワラ(無地3...

[ 建物の素材 ]

2世帯住宅の玄関のつくり方
イメージ

 ある程度いい感じの分離 当事務所で設計させていただいたお住まいのほぼ3割が二世帯住宅です。 2世帯住...

[ 間取り ]

キチンレイアウトのご相談
イメージ

 キッチンレイアウトのご相談を受けました。 3.64m(2間)幅のキッチンで窓を剥いたレイアウトを希望さ...

[ 間取り ]

キッチンレイアウトのヒント
イメージ

 キッチンレイアウトのヒント  誰しも十分な広さのあるリビングが取れればそれに越したことはありま...

[ 間取り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ