コラム

 公開日: 2013-04-18  最終更新日: 2014-07-03

バルコニーを快適に01

バルコニーを快適に 01

木造住宅のバルコニー


(写真は東松山市 市ノ川の家の木製スノコバルコニーです)

バルコニーは今や大概の家についています。特に防水性能がよく雨漏れの心配が少ないFRP防水が普及してからは当たり前のように2階の部屋の前にはバルコニーが付くようになりました。

しかし多くのバルコニーのサイズは奥行が3尺(芯芯910mm)のモジュールの中でつくられています。
わずか80cmに満たない奥行で何が出来うるかというと「洗濯干し場」と「エアコン室外機置き場」ですね、実際にこの二つの機能は重要なので最初からバルコニーの役割はこの二つと決めている方も多く、日当たりさえよければ特にバルコニーにそれ以外の機能を求めない人も多いようです。

でもバルコニーは本来豊かな暮らしに役立つ空間です。特に2階で過ごす時間が多い暮らし方の人や、2階がリビングの家などではなおさらです。窓を開け、風を入れ、外にちょっと出てみる。物干し行為だけではない活用の仕方が暮らしを豊かにしてくれます。

洗濯意外に使えるバルコニーに必要な奥行は最低6尺(芯芯1820mm)以上になります。
小さなテーブルとイスが置けて、外部からの視線が気にならず、風が入る手すりや腰壁が必要です。
バルコニー―の床もくつろぐためには重要なポイントです。


(写真は東松山市 市ノ川の家の木製スノコバルコニーです)
味気ないFRPではなく、防水の上に木製のスノコを敷くと素足で出られ快適になります。素足で出るバルコニーの場合は最低限雨掛かりを避け、深い軒の出で床が汚れるのを防ぎたいところです。
スノコは2階の床とバルコニーの段差を解消するためにも有効です。
フラットな状態でバルコニーに出られれば、とても快適になり、今日のランチはバルコニーでということも楽しめます。
深い庇が取れない場合はオーニングなどでも対応できます。

部屋とバルコニーは段差があるのが当たり前では無く、工夫次第で快適なバルコニーをつくることが出来ます。

注意したいのはスノコで床を上げる場合は当初から計画し、手すりの高さを決めておくことです。
手すりが低すぎると落下の危険があるので注意しましょう。

アーキクラフト 一級建築士事務所
http://www.archi-c.com/
お問い合わせ:craft@hkg.oden.ne.jp
埼玉県川越市 吉田134
049-234-5312 福田義房
ブログ窓の散歩道

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

伐採見学会で家に使う木材をプレゼントされました。

こんばんは。石原の家です。 先週は伐採見学会おせわになりま...

石原の家
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
明日の5月25日ご案内
イメージ

久々のトピックです。NHK-FM埼玉NHK-FM埼玉51.5Mz 5月25日 18:00~18:50【マイ“ホーム&タウン”物語】 ...

[ 家のしくみ ]

健康に暮らすための冷暖房の考え方
イメージ

 健康に暮らすための冷暖房の考え方  室内環境(暑い寒い)は健康に大きな影響があります。エアコンありき...

[ 健康的に暮らすすまいのチェックポイント ]

山桜のアイランドキッチンのつくり方
イメージ

 山桜のアイランドキッチンのつくり方  築120年からの旧庄屋さんの古民家を改修して料理教室とカフェ...

[ オリジナルキッチンのすすめ ]

健康に暮らすための間取りの考え方・風の道
イメージ

 健康に暮らすための間取りの考え方・風の道  風が通りやすく、快適に暮らせそうな敷地の使い方のイメージ...

[ 健康的に暮らすすまいのチェックポイント ]

健康的に暮らすために敷地の使い方で注意したいこと
イメージ

 健康的に暮らすために敷地の使い方で注意したいこと  健康的に暮らせそうな土地が決まれば次は敷地の使い...

[ 健康的に暮らすすまいのチェックポイント ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ