コラム

 公開日: 2013-02-16  最終更新日: 2014-07-03

住まいが子供にできること。02

住まいが子供にできること。02



子供部屋の大きさは





ダイニング周りで過ごしていた子供達も中学生にもなると個室という自分の領分が必要になります。
その時も必要最低限の広さでよいのです。
最低限とはどのぐらいでしょうか、私の場合は収納を別にして3畳からと答えています。
3畳から4.5畳、6畳は過剰だと考えています。
また、同性で年が近い場合は6畳スペースを二人で使うような配置でも十分可能です、中学生ぐらいまでは同室で、勉強机も2人で並んで配置すると適度に刺激しあい成長を早めると言われます。
子どもの性格による部分もあると思いますが、新築当初から(子供が小さい時から)それぞれの個室を準備してしまうと「その時ベストな」状況に対応できません。将来像を考え可変性を持たせておくことが大切です。
アーキクラフトの設計する住まいでは、子供たちが小さな時は将来の個室の配置を想定した構造を組むまでにとどめ、壁までは配置しないことがほとんどです。「必要になるまでは広い空間で過ごしてください」という考えです。



住まいが子供にできること



子供部屋に必要なのはベッドと机と書棚にクローゼット(収納)、コンパクトを心がけるとともに、日当たりに気を使いましょう。
この場合の日当たりとは、勉強するための環境としての日当たりです。
TVを見たり、寛いだりはリビングで過ごすことを原則とし、集中できる環境として個室を準備してあげたいと考えます。集中できる環境での日当たりは机やベッドの配置が重要になります。
右利きの子には左側から机に光が入るように、左利きの子にはその逆がベストです。また、直射日光が机に差し込む配置もさけます。
北側採光も安定した光で集中できます。
設計当初からただ個室を配置するのではなく、「右利きだから机はこの場所に、書棚はここに」と考えておくことが大切です。
このようなことが「住まいが子供にできること」なのだと思います。
これは親が(設計者が)準備してあげなければいけません。
アーキクラフト福田


また、平面的な配置だけでなくロフトを用意してあげると、小さなときは遊び場として、大きくなれば収納として活躍してくれます。
四角い箱の中で過ごすより、開放感があり、楽しい空間になります。
収納も子供たちが小さなうちは、主におもちゃなどが入れられます。
自分で片づけて整理する習慣をつけてもらうために、当初は扉を付けなくてもよいと思います。
棚だけ付けて、何がどこにあるか一目でわかるようにする。しまい込み目隠しをするのではなく、整理して片づける習慣の助けになると考えています。
これも「住まいが子供にできること」なのだと思いますし、親が(設計者が)考えてあげることなのです。


子育て世代はそろそろ卒業のアーキクラフト福田です。
アーキクラフト 一級建築士事務所
http://www.archi-c.com/
お問い合わせ:craft@hkg.oden.ne.jp
埼玉県川越市 吉田134
049-234-5312 福田義房

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

プライベート伐採に参加して

福田さん  先日は木の伐採に立ち会う機会を作ってくださり...

H
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市 通り土間のあるこぐまさんの家UPしました。
イメージ

 上尾市 通り土間のある こぐまさんの家UPしました。 上尾市で土地から求めた住まいづくりでした。...

[ 実例集 ]

伐採見学会です。
イメージ

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時...

[ 山と材木 ]

上尾市 こぐまさんの家 ギャラリー掲載しました。
イメージ

上尾市で土地から求める家づくでした。 ご夫婦とお子様2人これからの暮らしを支える家づくりです。プロジェ...

[ 子どもと住まい ]

無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?
イメージ

 無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?  一般的に床材として商品になっている無垢の床材の厚みは、9mm、1...

[ 建物の素材 ]

押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方
イメージ

 押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方  収納編 部屋の仕上げ材は気にするけれど収納の中までは...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ