コラム

2013-01-22

快適なリビングにするために 03

快適なリビングのつくり方03

リビングの広さはどのぐらいが適当でしょうか。
プランニングを行うときは各部屋同士のつながりと、空間の大きさのバランスを考えることが大切です。
個室重視の考え方もありますが、快適なリビングという考え方では、来客があっても居心地のいいある程度の広さは必要です。
住まい全体の面積を抑えた住宅の場合は特に個室の面積を最低限に絞ってでもリビングに回したいところです。
個室にははっきりとした性格を与えます。
「寝る・勉強する」などです。
そのほかのことをやろうとすると狭い。そのぐらいでいいのだと思います。
そのほかのことは皆リビングに集まる。
居心地がよくみんなが集まるリビングが出来上がります。


蜜柑の木の家
また、物理的に広い空間が取れないとき視覚的に広く感じさせる効果的な方法もあります。
まず家具の高さ、狭い空間に背の高い家具は圧迫感を生みます。視線が家具で止まってしまい狭く感じてしまいます。
逆に腰高程度の窓であれば、視線は壁まで届き、狭さを感じません。
また、同じ考えで視線の先に外の景色を写す窓があると、さらに広く感じます。
窓の取り方にも、開放感を演出する方法があります。
外の景色を写すのも視線に広がりを待たせるのに大切ですが、南も東も西も外の景色を写すのはなかなか出来るものではありません。
隣地に隣合せている面などは、窓の取り付け高さを工夫します。
地窓で空気を呼びこみ、ハイサイドライ(天井に近い上の方に大きな窓を取る)でお隣の視線を遮りながら、広がりを得ることが出来ます。
ハイサイドライとは隣地との隙間が狭くても、座った視線からでは空を見ることも可能になり、明るく開放的な窓の取り方になります。

さらに建物の外部に広がりを持たせるために、ウッドデッキ等をリビングとの床と同じくらいの高さにつくることも効果的です。
ポイントは段差をなるべくつくらないことです。
2階がリビングの時にも、バルコニーの床を段差なくつくれば広がりが感じられます。
また、ウッドデッキや2階リビングからつながるバルコニーはある程度の広さ(テーブルとイスが置けるくらい)が確保できると屋根はないけれどもリビングの一部として視覚だけではなく、物理的な意味でのリビングの広がりにつながります。

家具の置き方や、窓の取り方、使えるウッドデッキや使えるバルコニーをうまく取り入れることで、実質的に広がりのあるリビングをつくることが出来ます。
プランニングの段階から考えておくことが大切です。
アーキクラフト

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

新しい暮らしでのこの夏の過ごし方など伺いました。

〇「木の家だからって外気温が暑いのだから涼しいわけはあり...

木玩の家
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
オープンキッチンのゴミ箱どうする?
イメージ

 キッチンプラン オープンキッチンゴミ箱どうする? 8畳のオープンキッチンダイニング2世帯住宅の親...

[ 間取り ]

古民家リフォームギャラりーUP

古民家リフォームギャラりーUPいたしました。刺激の少ない素材に徹底的にこだわりました。床:サワラ(無地3...

[ 建物の素材 ]

2世帯住宅の玄関のつくり方
イメージ

 ある程度いい感じの分離 当事務所で設計させていただいたお住まいのほぼ3割が二世帯住宅です。 2世帯住...

[ 間取り ]

キチンレイアウトのご相談
イメージ

 キッチンレイアウトのご相談を受けました。 3.64m(2間)幅のキッチンで窓を剥いたレイアウトを希望さ...

[ 間取り ]

キッチンレイアウトのヒント
イメージ

 キッチンレイアウトのヒント  誰しも十分な広さのあるリビングが取れればそれに越したことはありま...

[ 間取り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ