コラム

2013-01-07

階段の場所が決まれば暮らし方が見えてくる

階段の場所が決まれば暮らし方が見えてくる

階段にはいろいろな形態があります。
ストレートであったり、L字型、U字型、螺旋であったり多種多彩な形態が考えられます。
階段の幅や踏み板の幅、蹴上の寸法など建物の種類により建築基準法により規制がある場合もあります。
また、火災などの非難を考えて消防法でも規制がある場合があり、階段だけの専門書も出ているくらい奥深いものです。

技術的なことはさておきプランニングの中で階段は大切な要素です。階段を考えていくと暮らしが見えてきます。
階段の役割は上下をつなぐ通路、この「つなぐ」という機能は廊下にもあり、水平方向をつなぎますね。
一般の方でも間取りを考えるのが好きな方がいらっしゃいます。
でもなぜか皆さん階段の位置で悩まれます。
階段の位置を家のどこに持ってくるかを考えるのは意外に難しいもの、その理由は「なくてはならない場所が無いから」、わかりにくい言い方ですが、リビングは南の日当たりのいい場所、玄関は道路に近く、ダイニングは朝日の当たる場所で、などと割り振るためのきっかけがありますが、階段に関してはどこでもいいような、余ったところでいいような、特定する理由が見つからないというのが階段の「なくてはならない場所が無い」的な性格なのです。
でもその位置によっては廊下が長くなったり、暗くなったり、閉鎖的な間取りになってしまったりします。
特定の事情が無い限り階段は住宅の中心近くに持ってくると良い間取りに近づきます。



まず中心に来ると2階の廊下が少なくて済みます。場合によっては廊下のない間取りも可能になります。
階段は登り始める位置よりも、登り終わる位置が間取りの中心に近く来るようにすると、つながる2階の各部屋の納まりがよくなります。
この場合の「納まり」とは採光や通風や開放性や可変性ということです。
2階に多く配置される個室は、できるだけ光を入れ、風を入れたいものです。また、隣の部屋をつなげたり、将来の暮らしの変化にも備えたいものです。
そう考えると各部屋は外部に開口部を取り、開放的になります。その時の部屋の入り口は当然間取りの中心方向に向くことになります。つまり階段の位置は必然的に間取りの中心になるのです。

階段の位置が間取りの端にあったりすると長い廊下が必要になり、開放性もなくなります。
中心近くにあると建物面積も抑えられ、建築費も抑えられます。
また廊下とは違う広いホールは2階に第二のリビングとしての機能も付加してくれます。
個室のドアが向き合いみんなの顔が集まる明るい階段ホールは楽しいですね。
ちょっとしたカウンターをしつらえて書斎コーナーや遊びのスペース、洗濯干しの場所にもなりますね。

また、空気の流れを考えたときに階段は住まいの中の煙突として機能します。
一階から2階へ気流をつくり、大きな空気の流れをつくり快適な室内環境をつくるにも中心に近くにある意味は大きいのです。

間取りで悩んだときは階段を真ん中に組みたててみましょう。
納得の間取りが出来るかもしれません。
アーキクラフト

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

春の皮むきイベント  「冬に木を伐り、春に皮を剝き、夏に家を支える」 毎年恒例イベント

福田さん  昨日は大変お世話になりました。暑い中、なかな...

上戸新町
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
オープンキッチンのゴミ箱どうする?
イメージ

 キッチンプラン オープンキッチンゴミ箱どうする? 8畳のオープンキッチンダイニング2世帯住宅の親...

[ 間取り ]

古民家リフォームギャラりーUP

古民家リフォームギャラりーUPいたしました。刺激の少ない素材に徹底的にこだわりました。床:サワラ(無地3...

[ 建物の素材 ]

2世帯住宅の玄関のつくり方
イメージ

 ある程度いい感じの分離 当事務所で設計させていただいたお住まいのほぼ3割が二世帯住宅です。 2世帯住...

[ 間取り ]

キチンレイアウトのご相談
イメージ

 キッチンレイアウトのご相談を受けました。 3.64m(2間)幅のキッチンで窓を剥いたレイアウトを希望さ...

[ 間取り ]

キッチンレイアウトのヒント
イメージ

 キッチンレイアウトのヒント  誰しも十分な広さのあるリビングが取れればそれに越したことはありま...

[ 間取り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ