コラム

 公開日: 2012-12-24  最終更新日: 2014-07-03

折り込み広告の間取りを見てみる

折り込み広告の間取りを見てみる。

土曜日や日曜日の折り込み広告には不動産や住宅の情報がたくさん入ってきますね。
私などは不動産も家も買う気はありませんが、興味はあるのでひと通り目を通します。
広告の間取りを見るのが好きな人も結構いるみたいですね。
単に壁や窓が記号的に書かれているだけなのに、そこに自分の暮らしを当てはめて、良い悪いと勝手に評価して楽しむのもチラシの有効利用ですね。
では折り込み広告のチラシ間取りをつくる側は何を考えているのでしょうか。



建築主がいない土地にプランを入れる。
不特定多数の方に良い評価をしてもらい問い合わせを受けなければいけません。
まず販売価格は土地を含めて周辺相場からある程度決められます。
金額や周辺の環境により購買層もターゲットされ、同じ坪数であれば大きく感じさせるようにnLDKのnの数にこだわりたくさんの部屋を割り振ります。
奇抜なアイディアや大胆のプランニングは敬遠され、一般受けするプランやデザインが多くなり、保守的な、どれも同じようなプランが並びます。
私が仕事を始めてから、折り込み広告の間取りに進化はなく、ずーと同じことを繰り返していますが、実際のライフスタイルは驚くほど変化しています。
「TVを中心にみんなが集まり、寝るときは個室で」nLDKで表現しやすい間取りがいまだに評価されます。
実際の暮らしではみんなで一緒にTVを見るということはあまりなくなってきています。時間の過ごし方も家族それぞれなのです。
TVを見ひと、パソコンをしている人、本を読んでいる人、家事をしている人、暮らしの中に多様性が生まれているのですから本来それにこたえられるプランが出てこないのはおかしなことなのですが、現実は過去の踏襲です。
また、受け取る側もこの不自然さに気が付かないのです。



代わり映えしない間取りの中でも激安をうたうビルダーやローコストのHM、建売り住宅ほどオーソドックスな間取りが多く見受けられます。
大衆に受ける間取りの建物が最も数をこなせるため、最も仕入れ値を下げられ、職人慣れているので考えなくても手が動きミスなく、早くできるようになります。
長年住宅に携わり見てきた経験から言うと、保守的な一般受けする間取りの家ほど安普請に見えてしまいます。
どんなに高級な材料、大理石や、総ヒノキや、銘木を使ったり、とても高価なキッチンを入れて、何々風と頑張ってみても安っぽく見えてしまいます。
予定調和の間取りには予定調和の素材でいいのでしょう。高価な素材は逆に違和感を演出してしまうみたいです。



このことを設計的に掘り下げてみると、間取りをしっかり考えて、一般受けしなくても自分たち家族の暮らしにあった住まいをつくれば使用する材料は普及品であったにしても安普請には見えません。
住まいとは住まう人の主義主張が出しゃばり過ぎずそこはかとなく感じられるもの。
よく考えられた家にはそれなりの雰囲気が生まれます。

それなりの雰囲気を楽しめる家を目指しています。
アーキクラフト

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

伐採見学会で家に使う木材をプレゼントされました。

こんばんは。石原の家です。 先週は伐採見学会おせわになりま...

石原の家
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市 通り土間のあるこぐまさんの家UPしました。
イメージ

 上尾市 通り土間のある こぐまさんの家UPしました。 上尾市で土地から求めた住まいづくりでした。...

[ 実例集 ]

伐採見学会です。
イメージ

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時...

[ 山と材木 ]

上尾市 こぐまさんの家 ギャラリー掲載しました。
イメージ

上尾市で土地から求める家づくでした。 ご夫婦とお子様2人これからの暮らしを支える家づくりです。プロジェ...

[ 子どもと住まい ]

無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?
イメージ

 無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?  一般的に床材として商品になっている無垢の床材の厚みは、9mm、1...

[ 建物の素材 ]

押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方
イメージ

 押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方  収納編 部屋の仕上げ材は気にするけれど収納の中までは...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ