コラム

 公開日: 2012-11-20  最終更新日: 2014-07-03

建築的に地震に備えるということ

東日本大震災の復興住宅建設の遅れが今日の新聞に出ていました。海山が近く平地が少ない地域性にも原因があるようです。

地震は大きく分けて二通りのタイプに分類できるそうです。
東日本大震災は「プレート移動型」地震と言われ、マントル対流の影響により海底面に圧力がかかり、断層面で沈み込むことによりおこります。
もう一つが阪神淡路大震災のような、「断層型」地震と呼ばれます。
「プレート移動型」は比較的周期が掴みやすいと言われますが、「断層型」はいつ発生するか予測もできないようです。
もっとも東日本大震災では周期的と言われるタイプでさえ全く予想もつかなかつたのですから、地震予知は不可能なことなのではないかと言われています。
今最も危険性が高いと言われているのは、東海・東南海・南海のプレート移動型地震です。
この場所は100~150年周期で大きな地震が起きています。南海地震は、昭和21年に発生し、およそ70年経過しました。東海は安政元年・1854年に発生し、158年たちます。
周期的には何時起きてもおかしくない周期に入っています。



建築的に見てもこの二つの地震のタイプでは被害状況が異なります。
「プレート移動型」は「断層型」に比べ影響範囲が大きくなりますが揺れの周期が大きく比較的建物被害は少なくなるようです。事実気象庁のデータでは東日本大震災のマグニチュードは9.1・重力加速度は2000ガル、阪神淡路大震災ではマグニチュード7.6・加速度880ガルで地震規模としては東日本が大きくなっていますが、建物の倒壊は阪神淡路のほうが圧倒的に多く、死亡原因も建物倒壊によるものか倒壊後の火災によるものとなっています。
もちろん人口密集度、建物密集度が違うことは当然ですが、その状況を差し置いても地震タイプの違いによる被害状況の差は顕著です。
建物のゆれ方で、建築的に近年注目されているのが「カイン」という単位です。聞きなれない言葉だと思いますが、カインとは一秒間に何センチ移動するかを現した単位で、1カイン=1cm毎秒(1cm/sec)となり、同じ重力加速度・マグニチュードでもそのゆれ方の特徴で大きく違ってきます。
規模的に大きかった東日本大震災のカインは80カイン、阪神淡路大震災では200カインと言われます。
私たちが暮らす一般的な木造住宅から中層の建物まではカインの大きさに比例して被害が大きくなり、超高層のような揺れの周期が長い建物はカインが小さなプレート型に弱いと言われています。



どんな地震にも十分な備えと言うのは不可能ではないかと思いますが、できるだけの安全は担保しておきたいものです。基準法レベルだ良しとせず、最低でもその1.25倍(耐震等級2)を確保することをお勧めしています。
そのためにかかる費用は意外に少ないものです。
まだまだ構造計算を行い安全を担保しようとする工務店・ビルダーは少ないようです。
性能表示や長期優良住宅の耐震等級取得が全住宅の20%に満たない現状が現しています。
大工さん・工務店の長年の勘による材料選定や構造的な考えも確かに侮れないものがあります、経験と勘に構造計算による根拠を加えることが安心につながります。

既存建物の耐震診断から新築建物の構造計算までお問い合わせ、ご相談お受けしています。
アーキクラフト

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

春の皮むきイベント  「冬に木を伐り、春に皮を剝き、夏に家を支える」 毎年恒例イベント

福田さん  昨日は大変お世話になりました。暑い中、なかな...

上戸新町
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市 通り土間のあるこぐまさんの家UPしました。
イメージ

 上尾市 通り土間のある こぐまさんの家UPしました。 上尾市で土地から求めた住まいづくりでした。...

[ 実例集 ]

伐採見学会です。
イメージ

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時...

[ 山と材木 ]

上尾市 こぐまさんの家 ギャラリー掲載しました。
イメージ

上尾市で土地から求める家づくでした。 ご夫婦とお子様2人これからの暮らしを支える家づくりです。プロジェ...

[ 子どもと住まい ]

無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?
イメージ

 無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?  一般的に床材として商品になっている無垢の床材の厚みは、9mm、1...

[ 建物の素材 ]

押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方
イメージ

 押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方  収納編 部屋の仕上げ材は気にするけれど収納の中までは...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ