コラム

 公開日: 2018-01-28  最終更新日: 2018-02-02

さいたま子ども食堂・第62回・和樹君に挑戦ボッチャ大会開催!&おにぎらず

今回はとても貴重な体験をしました。
さいたま市内に住み、働きながらリオパラリンピックに出場した高橋和樹君を迎えて、
【 第2回ボッチャ大会 】 開催でした。
この日も午後から練習をしてから駆けつけてくださった和樹君、
初めに9人の子どもたちが胸を借りてボールの投げ方や方向性などの見極め方を挑戦しました。



和樹君の道具はスキーのジャンプ台のようでした。
その方向性やボールを繰り出す高さを細かく指示を出し、それをサポートする青年がいます。
こうして首から下が動かない和樹君が練習や大会、海外遠征などに挑戦しています。
和樹君はボッチャ大会開に参加する選手の中でも一番障害が重いのだそうです。
リオパラリンピックで団体戦は銀メダルでしたが、
個人戦に出場した彼は惜しくもメダルには手が届きませんでした。
そこで猛練習を重ね東京パラリンピックを目指している現在なのです。

会場となるスタジオ藍ランドは、古民家カフェ藍の2階にあります。
ボランティアのコニタン先生初め、パパたちみんなで和樹君と車椅子を2階に上げてくれます。
雪で路面凍結している箇所もあり、歩くのも大変な中での車椅子移動、
ここに来ていただけるだけでも本当にありがたいです。


家族対抗戦でみんながボッチャを楽しみました。








パパや、近くにいたお姉ちゃんから投げる方向など教えてもらい、目標を定める子どもたちも。







赤と青のボールを白いボールに近づけるという競技で、簡単そうに見えますがなかなかうまくいきません。
健常者でもかなり難しいスポーツで奥深いです。
僅差の時はコンパスでその近さを計測します。





健康であることが当たり前だと思う・・・
ご飯が食べられることが当たり前だと思う・・・
親がいることが、愛されることが当たり前だと思う・・・
世界中にはもっともっと厳しくつらいことが多くて、
この「当たり前」でなくなった時、
「当たり前」でない環境しかない時にどう生きるかが本当の生きる力なのだと思い知ります。
だから死ぬまで何かに挑戦していきたい!そういう生き方をしたいです。


さて、ご飯はおにぎらずと豚汁でした。
ボランティアのマリちゃん(さいたま市在住)と初参加のシホちゃん(久喜市在住)、
スタッフの順ちゃんと由佳ちゃんで80個のおにぎらず作ってくれました。
おにぎらずは直接手が触れないので、今回のように手が洗えないような場所での飲食にもってこい!!
具材は①生姜焼き②ウインナーと卵③明太子④シーチキン⑤ドライカレー⑥五穀米赤飯をご用意。
豚汁も3杯おかわりとか・・・嬉しい限りです。




バイキングスタイルで食べたいおにぎらずを取っていきます。
なんだか遠足に来たみたい・・こういうご飯も楽しいものですね。








飛び入り参加で、ホウ先生(韓国人の牧師さん:さいたま子ども食堂で韓国語を教えていただいています)が、
韓国の友人3人とベトナムのツオン君を連れてきてくださいました。
素敵な歌と踊りも披露してくださり、あっという間にみんなの輪の中に。






子ども食堂が終わるころには、韓国のミナちゃんとyuri&tomoちゃんがおしゃべりしていました。
何語で話しているのかな?なんて思いながらそっとそっと見ていました。いい光景です。






最後の変顔記念撮影もじゃんけん大会も大盛況でした。




今回はホウ先生から子どもたちにお菓子と韓国のりをいただきました。
また、ハウス食品様からとんがりコーン20個。この日の子ども達なんと19人。
足りなければ買い足そうと思っていたのでほっとしました(笑)
残り1個はベトナムから来たツオン君にプレゼント!
さいたま市緑区在住の亜子ちゃんから宇和島産のはっさくをいただきました。







みんなのお土産になりましたよ!本当に感謝しています。


世の中ではインフルエンザB型が大流行、また来週には関東に雪が降るとか・・・
寒さも厳しい毎日ですが、どうかどうか美味しいものを食べて乗り切りましょうね!

■次回は予定が変わりましたので確認お願いいたします。
■2月3日(土) 午後4時~わんtoキッズによる 【 犬と遊ぼう‼ 】ゲームをするそうです。
  ご飯は自分で作る恵方巻です。
  どうぞお楽しみに。
■お申し込みは下記フリーダイヤルでお願いします。
 0120-789-720  藍建築工房・古民家カフェ藍まで



#埼玉県子ども食堂ネットワーク
#ボッチャ
#高橋和樹
#おにぎらず

■お客様の声
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/message/
■施工事例一覧
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/sample/
■古民家カフェ 
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/cafe/

この記事を書いたプロ

藍建築工房株式会社 [ホームページ]

建築家 本間香

埼玉県さいたま市緑区原山3-20-9 [地図]
TEL:0120-789-720

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
作り付けの食器棚(既存)を新しいキッチンに合わせてシートを張りました。

以前、陶芸ギャラリーにお友達とお邪魔して、リフォームもしていることを知りました。今回、キッチンを新しくすることと、すべての床の張替え、扉の交換やクロス張...

施工事例
さいたま市見沼区・東大宮・中古マンションを古民家に

【 さいたま市見沼区・東大宮・中古マンションを古民家に 】埼玉県さいたま市見沼区東大宮にある中古マンションを古民家風にリフォームしました。所有者様は...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
藍建築工房株式会社 本間香さま

ママさん建築士が提案する、安心・快適リフォーム&新築設計。女性が求める住まいにお応えします!(1/3)

 「“都会で古民家暮らしを!”というのが私の一番のお勧め。各地の色々な古民家を研究して歩きましたが、現実にそこに住むのか? というと問題が多く、だったら今の住環境で古民家暮らしをしたらどうかと考えたのです」。と、包み込むような優しい笑顔で話...

本間香プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

古民家風リフォームなどデザイン性と機能性を重視した建築士

会社名 : 藍建築工房株式会社
住所 : 埼玉県さいたま市緑区原山3-20-9 [地図]
TEL : 0120-789-720

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-789-720

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

本間香(ほんまかおり)

藍建築工房株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

浦和駅からほど近い老舗の和菓子店舗 【 福泉 】 様からいただいた嬉しいお声。

偶然、通りかかった陶器のお店に、気に入った器が多くて嬉し...

福泉
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【 さいたま子ども食堂 】 9月・10月の予定。
イメージ

【 さいたま子ども食堂 】は、毎週土曜日、夕方5時から7時の2時間、古民家カフェ藍におきまして開催...

[ さいたま子ども食堂 ]

 【さいたま子ども食堂】 8月27日(土) OPEN!

 【さいたま子ども食堂】 8月27日(土) 午後5時 OPEN!みんなでいただきますするのは  午後5時半く...

[ さいたま子ども食堂 ]

仙台市・築20年の中古住宅の査定・内部編①
イメージ

先週おこなった中古住宅の査定内容をお伝えします。査定というのは、築年数・構造・経年劣化・住環境などを加味...

[ 中古住宅の査定 ]

話題の古民家改装のご相談、承ります。
リビングから見た千本格子

中古住宅を古民家風にリフォーム!マンションを古民家風にリフォーム!藍建築工房が得意とする分野です。...

[ 古民家の憧れ ]

リフォームをわかりやすくするために。
イメージ

リフォームをお考えの方は、必ず困ったところや直したいところがあります。そこを工事すると、いくらかかる...

[ 手書きパース・図面 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ