コラム

 公開日: 2017-07-10 

さいたま子ども食堂・第38回・勇先生の防災講座&アルファ化米を食べる!

九州地方の豪雨被害はさらに大きさを増しています。
生存率が下がる3日目・・・どうかお一人でも多くの方がご無事であるようにと祈っています。
そんなさなか、さいたま子ども食堂では、さいたま市防災アドバイザーの勇先生を迎えて、
夏場の食中毒や災害時の応急処置などを学びました。

勇先生からは、災害や事故はいつどこで起きるかわからない!という話の中で、
2チームに分かれて【ケガをした人・年齢・場所・時間などを設定】しあい、
身近にあるものでどのように応急処置ができるかを行いました。これは想像以上に難しかったです。
1つのチームは夏の昼間、女の子が肩を脱臼した想定。
ですが固定が甘く、ゆらゆらしています。もっとラップを上手に使うとよいことなどを教えていただきました。
また添え木のアルミフォイルの箱は金属の歯が出ていて、更にけがをしてしまいそうでした。
もう1チームは、冬の夜、おじいちゃんが足首を骨折した想定でした。
雑誌を丸めて添え木を作り、スカーフやテープで固定したのですが、やはりゆらゆらしてしまいました。
夜の想定なので一生懸命懐中電灯で照らしてくれる男の子もいました。
どちらも、とっさには非常に難しい内容でした。
けれど、いつどこで誰がケガや災害に遭うかわかりません。
こういう体験は非常に大切なことだと思いました。









 
 
そしてご飯は、東京のとある区からいただいた災害用備蓄米・アルファ化米を子どもたちに作ってもらいました。




50人分がこの1箱でできます。
お米・炊き込み具材・しゃもじ・パック・お箸・輪ゴム・カッターなど、すべてが詰められています。
このアルファ化はお湯8ℓで約20分で完成です。お水でも作れますが1時間半かかります。
またお水だと格段に味がおちます。
ですが災害時にお湯を8ℓ用意するのは大変なこと。
こんなことも考えながら、みんなで50人分の炊き込みご飯を作り上げました。







1人ぶんづつパックした後は元の段ボールに詰めていきます。
隙間なくきちんと詰めることのできるこの段ボールもすぐれものです。
みんなに配るお盆の役目も果たしています。
 
この日は、アルファ化米の他、豚汁と漬物、それに缶詰でした。




日頃から缶詰を開けたり食べたりすることも貴重な体験ということです。
お粗末ながら、私本間は、なかなか缶詰が開けられず子どもたちが助けてくれました(汗。)
このご飯の最中に、九州ではまだ孤立して満足に食べることができない人達がいるだろうとか、
こぼさずに、残さずに食べようとか、思いをはせました。
「いざという時は、こんな豚汁なんかないんだよ」という勇先生の言葉が心にぐさっともきました。
 
災害は他人事ではなく、自分の身におきることだと常に考えておく事。
これだけでも貴重な体験だったと思います。
 
 
今回は、いつも英語のボランティアをしていただいているブレット先生からスイカの差し入れが。
そして、韓国語のボランティアをしていただいているホウ先生から韓国直送のキムチの差し入れが。
感謝・感謝です。







 
最後のじゃんけん大会は、勇先生が用意してくれた相撲のノートをかけて。
変顔も決まって楽しく開催しました。




 
 
■次回は7月15日(土)夕方5時から
ブレット先生の英語で遊ぼう&煮込みハンバーグです。
 
■さいたま子ども食堂では食材・支援金・ボランティアさんを募っています。
少しでも結構です。どうぞ皆さまのお力を貸してください。
 
■7月1日(土)に予定していた「KAOさんのシーサー陶芸教室」は都合により、
7月29日(土)に変更になりました。
まだ若干名のお申し込みが可能です。
 
■食べに来たい方は是非フリーダイヤルでお申し込みくださいね。
0120-789-720  藍建築工房まで

■お客様の声
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/message/
■施工事例一覧
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/sample/
■古民家カフェ 
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/cafe/

この記事を書いたプロ

藍建築工房株式会社 [ホームページ]

建築家 本間香

埼玉県さいたま市緑区原山3-20-9 [地図]
TEL:0120-789-720

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
作り付けの食器棚(既存)を新しいキッチンに合わせてシートを張りました。

以前、陶芸ギャラリーにお友達とお邪魔して、リフォームもしていることを知りました。今回、キッチンを新しくすることと、すべての床の張替え、扉の交換やクロス張...

施工事例
さいたま市見沼区・東大宮・中古マンションを古民家に

【 さいたま市見沼区・東大宮・中古マンションを古民家に 】埼玉県さいたま市見沼区東大宮にある中古マンションを古民家風にリフォームしました。所有者様は...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
藍建築工房株式会社 本間香さま

ママさん建築士が提案する、安心・快適リフォーム&新築設計。女性が求める住まいにお応えします!(1/3)

 「“都会で古民家暮らしを!”というのが私の一番のお勧め。各地の色々な古民家を研究して歩きましたが、現実にそこに住むのか? というと問題が多く、だったら今の住環境で古民家暮らしをしたらどうかと考えたのです」。と、包み込むような優しい笑顔で話...

本間香プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

古民家風リフォームなどデザイン性と機能性を重視した建築士

会社名 : 藍建築工房株式会社
住所 : 埼玉県さいたま市緑区原山3-20-9 [地図]
TEL : 0120-789-720

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-789-720

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

本間香(ほんまかおり)

藍建築工房株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

浦和駅からほど近い老舗の和菓子店舗 【 福泉 】 様からいただいた嬉しいお声。

偶然、通りかかった陶器のお店に、気に入った器が多くて嬉し...

福泉
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【 さいたま子ども食堂 】 9月・10月の予定。
イメージ

【 さいたま子ども食堂 】は、毎週土曜日、夕方5時から7時の2時間、古民家カフェ藍におきまして開催...

[ さいたま子ども食堂 ]

 【さいたま子ども食堂】 8月27日(土) OPEN!

 【さいたま子ども食堂】 8月27日(土) 午後5時 OPEN!みんなでいただきますするのは  午後5時半く...

[ さいたま子ども食堂 ]

仙台市・築20年の中古住宅の査定・内部編①
イメージ

先週おこなった中古住宅の査定内容をお伝えします。査定というのは、築年数・構造・経年劣化・住環境などを加味...

[ 中古住宅の査定 ]

話題の古民家改装のご相談、承ります。
リビングから見た千本格子

中古住宅を古民家風にリフォーム!マンションを古民家風にリフォーム!藍建築工房が得意とする分野です。もち...

[ 古民家の憧れ ]

リフォームをわかりやすくするために。
イメージ

リフォームをお考えの方は、必ず困ったところや直したいところがあります。そこを工事すると、いくらかかる...

[ 手書きパース・図面 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ