コラム

 公開日: 2017-04-09 

さいたま子ども食堂・第27回・アルファ米を美味しく食べよう&豚汁。

昨日4月8日は第27回「さいたま子ども食堂」開催でした。
子ども食堂ネットワークを通じて頂いたアルファ米(災害時用備蓄米)がたくさんありました。
ですが、大人が簡単に調理して、子供たちに食べてもらうのはつまらないと考えました。
各地で災害が起きるとTVで放送されていますし、防災・減災という言葉は皆さん知っているし、
子どもたちは授業などでたくさんのことを学ぶとも思いました。
そこでPPAPではないですが(笑)
【 アルファ米+さいたま子ども食堂 】 でしかできないことを考えてみようと。
 
知り合いの方々に色々お声掛けしていただき、
さいたま市防災アドバイザー小澤勇氏に参加していただけることになりました。(以下いさむちゃん)
何回か打ち合わせをし、
①子どもたちで作ること、盛ること、配ることをしてもらう。
②災害時は当たり前の食・缶詰を食べてもらう。
③災害時にいかにして生き抜くかを考えてもらう。
この3点にトライしました。
 
※アルファ米だけじゃつまらないから美味しい豚汁作る!あと・・・から揚げとかモツ煮とかも・・・
そういう私に、「かおさん、何言ってるんですか!災害が来たら豚汁だって作れないかもしれないですよ!!」
何もない状況で食べることのありがたさを知り、食べて生き残ることを学ぶんです!」いさむちゃん談。
かくして、美味しい豚汁だけは作ることでまとまりました(笑)
 
さてアルファ米・・・ご存知ですか?
災害時用だけでなく海外旅行・登山などでお目にかかっているかもしれません。
1人分約400円くらいする高価なものです。白米や炊き込み、海鮮などもあります。
今回は期限が今月できれるという1箱50食を2箱使いました。
1箱で約15,000円もするんですって。びっくり!!





この箱にも素晴らしい工夫がされていて、中にはしゃもじ、パック(50個)、輪ゴム、箸、カッター、箱を
持ち運びの入れ物にする留め具、ビニール手袋など全てが入っています。
また、強度が高く丸い穴に留め具で固定すると高さが出て、持ち手の穴もあり、
50食のパックがきちんと収まります。
みんなに配る配慮もばっちりです!!


さて中身です。






白米のアルファ米と炊き込み具材が別々なのでしゃもじとビニール手袋で混ぜていきます。
50食分でお湯約8ℓ必要です。中の袋は2重になっていて、赤い目印までお湯を入れていきます。
しっかり輪ゴムで封をしたら待つこと25分(冬場)で完成です。
具材の混ぜ合わせとお湯を入れた時は箱の隅っこまでまんべんなく混ぜ合わせることが大切です。
そうしないと、カチコチのまずいご飯になってしまいます。
20分くらいで箱を上下ひっくり返します。
お湯を入れる以外はみんな子ども達でやりとげました。
 

 
あとはパックに盛り付けゴムで封をし箸をつけて1人分が完成。
ここで3つ問題発生!
①初めは遠慮して少なく盛っていたら最後にあまることが判明。最後の方はぎゅうぎゅうに押して盛っていました。
いさむちゃんに聞くと、失敗はいい経験だよと。
でも本番の被災地ではお腹をすかしている人たちが、隣より少ないとか、不公平だと怒り出す人もいるからね。
みんなが必死な時は何が起こるかわからないんだよと教えてくれました。









②箱には50食きちんと収まるようにパックが作られています。
しかしAグループは隙間があるまま重ねていきました。結果50食が入らずという事態に。
Bグループは1段目から積み方を考えていたようで見事な納まり方でした。
ここで大活躍は5歳のハルカちゃんとレイ君コンビ。もちろん初対面。
お兄ちゃんたちがパックしたものをハルカちゃんが受け取りレイ君にバトンタッチ。




Aグループは結果初めからやり直しになりました。
③箱に詰めた50食を子供たちがグループみんなに配る時によろけていくつかのパックがこぼれ落ちました。
拾い集めることは簡単です。ですが被災している現場では、このこぼれたご飯でもワンちゃんにあげられたり、
もっと言えばお腹がすいて喧嘩にもなりかねないんだ・・・と、いさむちゃん。
1つ1つの失敗や体験が全て勉強になります。







 
そして豚汁と缶詰。
100円くらいの缶詰たくさん用意して子どもたちに好きなものを選んでもらいました。
豚汁も子供たちが盛り付けみんなに配りました。










一番の問題は、缶詰を開けられない子ども達が多いこと。








いつも親がやってしまうし、缶詰を食べない家庭も多いですからね。
缶を開ける作業1つもやはり勉強でした。
ここで1人の男の子が魚アレルギーとしり、その子はチキンカレー缶にしたのですが、
もっとお肉系の缶詰も用意しておけばと反省。
被災時はこういったアレルギーとか偏食などの対応は後回しになることもあります。
災害は防ぐことができませんが、そこから命をつなぐことは考えなければなりませんね。
 
みんな、アルファ米の美味しい食べ方に、生きることも考える時間になって、
結果じゃんけん大会もお掃除もワイワイとにぎやかな「さいたま子ども食堂」になりました。
初めて参加の2組の方も、喜んで楽しんで、みんなと友達になって遊んでいました。







 
最後は恒例のみんなで片づけです。


いさむちゃんからは、親子・スタッフ全員にキーホルダーになるよう手作りしてくれた笛をいただきました。





命を守る、命をつなぐ、少しでも笑顔になれる、そんなことをいっぱいおさむちゃんから教えていただきました。
この企画は今後も数カ月に1回 「さいたま子ども食堂」で取り上げていこうと思います。
 
さあ来週は 【 ブレッド先生の英語教室 & 石焼ビビンバ 】です。
たくさんのお友達と美味しいご飯を食べましょう!
申込はフリーダイヤルでお願いします。
0120-789-720  藍建築工房まで

■お客様の声
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/message/
■施工事例一覧
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/sample/
■古民家カフェ 
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/cafe/

この記事を書いたプロ

藍建築工房株式会社 [ホームページ]

建築家 本間香

埼玉県さいたま市緑区原山3-20-9 [地図]
TEL:0120-789-720

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
作り付けの食器棚(既存)を新しいキッチンに合わせてシートを張りました。

以前、陶芸ギャラリーにお友達とお邪魔して、リフォームもしていることを知りました。今回、キッチンを新しくすることと、すべての床の張替え、扉の交換やクロス張...

施工事例
さいたま市見沼区・東大宮・中古マンションを古民家に

【 さいたま市見沼区・東大宮・中古マンションを古民家に 】埼玉県さいたま市見沼区東大宮にある中古マンションを古民家風にリフォームしました。所有者様は...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
藍建築工房株式会社 本間香さま

ママさん建築士が提案する、安心・快適リフォーム&新築設計。女性が求める住まいにお応えします!(1/3)

 「“都会で古民家暮らしを!”というのが私の一番のお勧め。各地の色々な古民家を研究して歩きましたが、現実にそこに住むのか? というと問題が多く、だったら今の住環境で古民家暮らしをしたらどうかと考えたのです」。と、包み込むような優しい笑顔で話...

本間香プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

古民家風リフォームなどデザイン性と機能性を重視した建築士

会社名 : 藍建築工房株式会社
住所 : 埼玉県さいたま市緑区原山3-20-9 [地図]
TEL : 0120-789-720

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-789-720

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

本間香(ほんまかおり)

藍建築工房株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

浦和駅からほど近い老舗の和菓子店舗 【 福泉 】 様からいただいた嬉しいお声。

偶然、通りかかった陶器のお店に、気に入った器が多くて嬉し...

福泉
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【 さいたま子ども食堂 】 9月・10月の予定。
イメージ

【 さいたま子ども食堂 】は、毎週土曜日、夕方5時から7時の2時間、古民家カフェ藍におきまして開催...

[ さいたま子ども食堂 ]

 【さいたま子ども食堂】 8月27日(土) OPEN!

 【さいたま子ども食堂】 8月27日(土) 午後5時 OPEN!みんなでいただきますするのは  午後5時半く...

[ さいたま子ども食堂 ]

仙台市・築20年の中古住宅の査定・内部編①
イメージ

先週おこなった中古住宅の査定内容をお伝えします。査定というのは、築年数・構造・経年劣化・住環境などを加味...

[ 中古住宅の査定 ]

話題の古民家改装のご相談、承ります。
リビングから見た千本格子

中古住宅を古民家風にリフォーム!マンションを古民家風にリフォーム!藍建築工房が得意とする分野です。もち...

[ 古民家の憧れ ]

リフォームをわかりやすくするために。
イメージ

リフォームをお考えの方は、必ず困ったところや直したいところがあります。そこを工事すると、いくらかかる...

[ 手書きパース・図面 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ