コラム

 公開日: 2016-11-12 

準防火地域に新築する木造住宅の塗り壁(外壁)について。

ただ今計画中の【新築古民家】について。
建築地が準防火地域になるため、防火認定の指定がとれた玄関ドアやサッシ、
屋根や軒天、外壁などの仕様を添付しての申請許認可になります。

約1年くらい前からこの防火認定品にしばりが多くなりました。
例えば施工技術認定者の施工によるとか、国土交通省が定めたメーカーの品でなければならないとか。
そのために現場では今まで使えた物が使えない、または特殊施工による単価のアップがおきています。

さらに言えば、この地域がなぜ準防火地域なのだろう?と思うこともあります。
災害に強い街作りという大きなビジョンは理解しつつも、
駅前や都心や住宅密集地で延焼を防ぐなどの目的が見えない地域での、
準防火地域指定には、いささか困惑感もあります。


前置きが長くてすみません。
今回は外壁にサイディングとジョリパッドで検討しています。
木造住宅の外壁にジョリパッドを塗る時は、下地にラスカット板(ごつごつした板:防火認定のとれた物)と、
モルタルを塗ります。
準防火地域は厳しい規制がかかりますので、
このモルタル下地の厚さはどのくらい塗らなければならないのか?
とてもややこしいので少し整理してみます。

※あくまでも「木造」で「外壁」のみの話です

まず、建築基準法の燃えにくさを規定する構造の種類として、
「耐火構造」「準耐火構造」「防火構造」の3種類があります。
※「耐火構造」の方がより燃えにくい構造になっていると考えてください。

そして、
「耐火構造」にするためには、モルタル+ジョリパッドは×です。
「準耐火構造」にするためには、「モルタル下地の厚さが20㎜以上」
「防火構造」にするためには、「モルタル下地の厚さが15㎜以上」
にしなければなりません。

では、どのようなときに、「準耐火構造」や「防火構造」にするのでしょうか?

それは、地域別に定められているのです。
A「防火地域」
B「準防火地域」
C「無指定」
の3種類があります。

「防火地域」は、例えば駅前などのビルや店舗が密集しているところに多く、
「準防火地域」は、それに準じる住宅地が多いです。
田舎は「無指定」のところが多いです。

A「防火地域」は、
■平屋又は2階建てで、100㎡以下の建物は「準耐火構造」
 →「モルタル下地の厚さが20㎜以上」
■平屋又は2階建てで、100㎡より大きい建物は「耐火構造」→×
■3階建ては面積に関係なく「耐火構造」→×
※外壁のみの話ですので、耐火建築物=耐火構造、準耐火建築物=準耐火構造と考えてください。

B「準防火地域」は、
<平屋又は2階建て>
■500㎡以下の建物は「※延焼のおそれのある部分のみ防火構造」
  →「モルタル下地の厚さが15㎜以上」
■501~1500㎡の建物は「準耐火構造」→「モルタル下地の厚さが20㎜以上」
■1500㎡より大きい建物は「耐火構造」→×
<3階建て>
■500㎡以下の建物は「防火構造」→「モルタル下地の厚さが15㎜以上」
・501~1500㎡の建物は「準耐火構造」→「モルタル下地の厚さが20㎜以上」
■1500㎡より大きい建物は「耐火構造」→×
※延焼のおそれのある部分とは、一般に、道路中心線又は隣地境界線から2階以上の階では5m以内、
1階では3m以内の範囲が延焼の恐れのある部分です。

C「無指定」は、
■「延焼のおそれのある部分」は、「防火構造」
  →「モルタル下地の厚さが15㎜以上」
■「延焼のおそれのある部分」以外は規定がありません。

本当にややこしいですね・・・
また建築基準法は年々追記されることもあり(概ね厳しくなります)、
日々、勉強とか講習が必要になります。


というわけで、今回の計画では
外壁はラスカット+モルタル15㎜+ジョリパッド3㎜
(内部は断熱材にPB12.5㎜にクロス張りとなります)

お客様は古民家風に木材の梁見せのようなアクセントも考えていらっしゃいましたが、
外部ではNGなので他で遊びを検討することになりました。

■お客様の声
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/message/
■施工事例一覧
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/sample/
■古民家カフェ 
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/cafe/

この記事を書いたプロ

藍建築工房株式会社 [ホームページ]

建築家 本間香

埼玉県さいたま市緑区原山3-20-9 [地図]
TEL:0120-789-720

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声
作り付けの食器棚(既存)を新しいキッチンに合わせてシートを張りました。

以前、陶芸ギャラリーにお友達とお邪魔して、リフォームもしていることを知りました。今回、キッチンを新しくすることと、すべての床の張替え、扉の交換やクロス張...

施工事例
さいたま市見沼区・東大宮・中古マンションを古民家に

【 さいたま市見沼区・東大宮・中古マンションを古民家に 】埼玉県さいたま市見沼区東大宮にある中古マンションを古民家風にリフォームしました。所有者様は...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
藍建築工房株式会社 本間香さま

ママさん建築士が提案する、安心・快適リフォーム&新築設計。女性が求める住まいにお応えします!(1/3)

 「“都会で古民家暮らしを!”というのが私の一番のお勧め。各地の色々な古民家を研究して歩きましたが、現実にそこに住むのか? というと問題が多く、だったら今の住環境で古民家暮らしをしたらどうかと考えたのです」。と、包み込むような優しい笑顔で話...

本間香プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

古民家風リフォームなどデザイン性と機能性を重視した建築士

会社名 : 藍建築工房株式会社
住所 : 埼玉県さいたま市緑区原山3-20-9 [地図]
TEL : 0120-789-720

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-789-720

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

本間香(ほんまかおり)

藍建築工房株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

浦和駅からほど近い老舗の和菓子店舗 【 福泉 】 様からいただいた嬉しいお声。

偶然、通りかかった陶器のお店に、気に入った器が多くて嬉し...

福泉
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【 さいたま子ども食堂 】 9月・10月の予定。
イメージ

【 さいたま子ども食堂 】は、毎週土曜日、夕方5時から7時の2時間、古民家カフェ藍におきまして開催...

[ さいたま子ども食堂 ]

 【さいたま子ども食堂】 8月27日(土) OPEN!

 【さいたま子ども食堂】 8月27日(土) 午後5時 OPEN!みんなでいただきますするのは  午後5時半く...

[ さいたま子ども食堂 ]

仙台市・築20年の中古住宅の査定・内部編①
イメージ

先週おこなった中古住宅の査定内容をお伝えします。査定というのは、築年数・構造・経年劣化・住環境などを加味...

[ 中古住宅の査定 ]

話題の古民家改装のご相談、承ります。
リビングから見た千本格子

中古住宅を古民家風にリフォーム!マンションを古民家風にリフォーム!藍建築工房が得意とする分野です。もち...

[ 古民家の憧れ ]

リフォームをわかりやすくするために。
イメージ

リフォームをお考えの方は、必ず困ったところや直したいところがあります。そこを工事すると、いくらかかる...

[ 手書きパース・図面 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ