コラム

 公開日: 2016-10-14 

NHKスペシャル「あなたの家が危ない~熊本地震からの警告~」を見て②木造住宅編。

「 NHKスペシャル あなたの家が危ない~熊本地震からの警告 」
先日も書いた中古マンションの被害や免振マンションのもろさは驚きの一言でした。
さらに私にとっては、耐震基準を満たした築浅の木造住宅の倒壊例が目に焼き付きました。

放送では倒壊の理由の1つに 「 直下率 」 をあげていました。
 ※柱の直下率 : 2階柱のうち、その真下に1階柱がある割合
 ※壁の直下率 : 2階間仕切壁のうち、その真下に1階間仕切壁がある割合

「 直下率 」をないがしろにすると、
最新の耐震基準を満たしている住宅でも倒壊リスクがあるということです。
ある意味とても恐ろしいことです。
安全と思う基準が崩れていきます。

2階建て住宅を思い浮かべてみてください。
1階の間取り(部屋)の上に2階の間取り(部屋)が乗ってきます。
建築言葉では間崩れというものがあります。
つまり、1階の間取りの上に2階の部屋などの壁や柱が乗らないものです。
間崩れはそれを支えるために新たな強い柱や梁をかけなくてはなりません。
梁せいも大きくなりふところ(1階天井と2階床の間の空間など)に納まらないこともあります。
柱が増えたり梁せいが上がると、工事費にも影響します。
建築を学んだ時は、基本に徹した間崩れしない建物からスタートします。
けれど、建築士としての個性を出したり、お客様のご要望で間崩れは増えていきます。

この間崩れが直下率の低下につながります。
更には1階に大きなLDKなどの柱や壁がないスペースを設け、そこに2階が乗るケースも危険です。

NHKの特集では、耐震基準をみたしているにも関わらず倒壊した住宅が、
いくつも映し出されていました。
家族や親せきが集まれる大きなリビングのある家を作りたかった・・・
それがあだとなり、こんな結果になるとは・・・
そんな言葉も耳が痛かったです。

建築士として一番に考えな変えればならないことは、
家は人が生きる場所であり、人の命を守る場所であるということです。
ご希望を聞きながらも、できることとできないことの説明や、
堅牢であることの大切さもお伝えする使命があると思います。



PS :最近打合せをしている一戸建ての1階をカフェにしたいという案件、
    色々苦労をしています。
    それは、その家を建てたけ建築士さんのデザインというか間崩れの多さにです。
    どの柱を抜き、どの壁を抜けるのか、その場合の補強はどこでどう受けるのか、
    リフォームをしカフェを作ることで弱い家にしては何の意味もありません。
    伏せ図を書きながら知恵を出す日々です。
    

PS :現在の耐震基準は阪神淡路大震災以降に設けられています。
    ここにさらに、災害があるたびに付加された内容で建築基準法は成り立っています。
    これでいいのか?と思う内容もあります。
    けれど出来上がった法律はそうそう変えることはできません。
    今回の熊本地震以降に万「 直下率 」が加わることとなれば、
    家を作ることへの足かせはもっと大きくなります。
    安心・安全をどのように形にしていくのか、非常に難しい問題です。
    まずは私自身が直面する家造りやリフォームの中で、
    最大限の努力をしていこうと思います。

■お客様の声
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/message/
■施工事例一覧
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/sample/
■古民家カフェ 
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/cafe/

この記事を書いたプロ

藍建築工房株式会社 [ホームページ]

建築家 本間香

埼玉県さいたま市緑区原山3-20-9 [地図]
TEL:0120-789-720

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
作り付けの食器棚(既存)を新しいキッチンに合わせてシートを張りました。

以前、陶芸ギャラリーにお友達とお邪魔して、リフォームもしていることを知りました。今回、キッチンを新しくすることと、すべての床の張替え、扉の交換やクロス張...

施工事例
さいたま市見沼区・東大宮・中古マンションを古民家に

【 さいたま市見沼区・東大宮・中古マンションを古民家に 】埼玉県さいたま市見沼区東大宮にある中古マンションを古民家風にリフォームしました。所有者様は...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
藍建築工房株式会社 本間香さま

ママさん建築士が提案する、安心・快適リフォーム&新築設計。女性が求める住まいにお応えします!(1/3)

 「“都会で古民家暮らしを!”というのが私の一番のお勧め。各地の色々な古民家を研究して歩きましたが、現実にそこに住むのか? というと問題が多く、だったら今の住環境で古民家暮らしをしたらどうかと考えたのです」。と、包み込むような優しい笑顔で話...

本間香プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

古民家風リフォームなどデザイン性と機能性を重視した建築士

会社名 : 藍建築工房株式会社
住所 : 埼玉県さいたま市緑区原山3-20-9 [地図]
TEL : 0120-789-720

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-789-720

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

本間香(ほんまかおり)

藍建築工房株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

浦和駅からほど近い老舗の和菓子店舗 【 福泉 】 様からいただいた嬉しいお声。

偶然、通りかかった陶器のお店に、気に入った器が多くて嬉し...

福泉
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【 さいたま子ども食堂 】 9月・10月の予定。
イメージ

【 さいたま子ども食堂 】は、毎週土曜日、夕方5時から7時の2時間、古民家カフェ藍におきまして開催...

[ さいたま子ども食堂 ]

 【さいたま子ども食堂】 8月27日(土) OPEN!

 【さいたま子ども食堂】 8月27日(土) 午後5時 OPEN!みんなでいただきますするのは  午後5時半く...

[ さいたま子ども食堂 ]

仙台市・築20年の中古住宅の査定・内部編①
イメージ

先週おこなった中古住宅の査定内容をお伝えします。査定というのは、築年数・構造・経年劣化・住環境などを加味...

[ 中古住宅の査定 ]

話題の古民家改装のご相談、承ります。
リビングから見た千本格子

中古住宅を古民家風にリフォーム!マンションを古民家風にリフォーム!藍建築工房が得意とする分野です。もち...

[ 古民家の憧れ ]

リフォームをわかりやすくするために。
イメージ

リフォームをお考えの方は、必ず困ったところや直したいところがあります。そこを工事すると、いくらかかる...

[ 手書きパース・図面 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ