コラム

2016-01-22

掃除が楽なトイレ・壁つけトイレ。





トイレは家族が毎日使う場所なので、掃除がとても大変です。
男性が立ったまま洋式トイレを使うと、1日あたり1人2300滴も床におしっこが飛び散るそうです。
最近は男性も座ってトイレを使うようになってはきましたが、まだ少数。
トイレ掃除の悩みを突き詰めていくと、便器自体の汚れに加えて、
床の汚レも大いに気になりますね。
特に、床と便器の間のすきまは掃除がしにくいですし、汚れもたまりやすい部分。
解体工事やリフォームでトイレを入れ替えるときに便器を床からはがすと、
拭き切れなった尿汚れが輪ジミになって残っていたりします。
それほど、トイレの掃除の悩みは家の掃除の中でも大きいものです。

先日、工事の仕様打合せの最中に、
お客様から掃除が楽なトイレ・壁付けトイレにしたいといわれました。
現在ではタンク式トイレ(手洗い付き・手洗いなし)、タンクレストイレから選んでいただきます。
壁掛け式トイレは過去20年くらい前に1度質問された事がありましたが、
海外物しかなく値段も高くて無しになりました。

掃除・清潔という面では、なんと言ってもクイックルワイパーや、
一般的な掃除機ヘッドであれば楽に便器下に入りますので、
便器の後ろ側に手が届かなくて、拭き残してしまうようなこともありません。
魅力はとても大きいです。

この壁付きトイレ、目に付くところでは高速のパーキングとか空港で目にした記憶があります。
しかしご家庭での仕様はまだまだシェアは少ないのが現実です。
今回はお客様のご要望でもあり、しっかり調べてみました。
そうすると大手住宅設備メーカーでは数社が自社開発としてそろえていました。
しかし、値段は通常のトイレの5倍くらいします。
また取り付けに関しても木造住宅用の開発には課題が多かったそうです。
壁掛け大便器の場合、約30キロの便器と人の体重がかかります。
その荷重をどこで支えるかがポイントだったのです。
ビルや公共施設の場合、便器はコンクリートの躯体にボルトでしっかり固定することができるので、
がっちりとして動きません。
ところが、これをそのまま木造住宅にもってくると、
便器の設置面である後ろ壁が荷重に耐えきれずにたわんでしまいます。
たわみを防ぐには、壁に補強が必要になるので構造的な問題になります。
このように試行錯誤や対応が進んで木造住宅にも使われる機会が増えたようです。

また、海外に行かれた方(特にヨーロッパ)では一般的な壁付けトイレなので、
その浮かんでいるようなデザインの斬新も魅力の1つですね。

これら魅力の大きい壁付けトイレ、
今後の課題はたった一つ価格だけではないかと思います。
可能であれば今回の打合せ中のお宅に取り付けてみたいですが、
さてどう判断されるでしょうか。

■お客様の声
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/message/
■施工事例一覧
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/sample/
■古民家カフェ 
http://www.ai-kenchikukoubou.jp/home/cafe/

この記事を書いたプロ

藍建築工房株式会社 [ホームページ]

建築家 本間香

埼玉県さいたま市緑区原山3-20-9 [地図]
TEL:0120-789-720

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
作り付けの食器棚(既存)を新しいキッチンに合わせてシートを張りました。

以前、陶芸ギャラリーにお友達とお邪魔して、リフォームもしていることを知りました。今回、キッチンを新しくすることと、すべての床の張替え、扉の交換やクロス張...

施工事例
さいたま市見沼区・東大宮・中古マンションを古民家に

【 さいたま市見沼区・東大宮・中古マンションを古民家に 】埼玉県さいたま市見沼区東大宮にある中古マンションを古民家風にリフォームしました。所有者様は...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
藍建築工房株式会社 本間香さま

ママさん建築士が提案する、安心・快適リフォーム&新築設計。女性が求める住まいにお応えします!(1/3)

 「“都会で古民家暮らしを!”というのが私の一番のお勧め。各地の色々な古民家を研究して歩きましたが、現実にそこに住むのか? というと問題が多く、だったら今の住環境で古民家暮らしをしたらどうかと考えたのです」。と、包み込むような優しい笑顔で話...

本間香プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

古民家風リフォームなどデザイン性と機能性を重視した建築士

会社名 : 藍建築工房株式会社
住所 : 埼玉県さいたま市緑区原山3-20-9 [地図]
TEL : 0120-789-720

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-789-720

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

本間香(ほんまかおり)

藍建築工房株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

浦和駅からほど近い老舗の和菓子店舗 【 福泉 】 様からいただいた嬉しいお声。

偶然、通りかかった陶器のお店に、気に入った器が多くて嬉し...

福泉
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【 さいたま子ども食堂 】 9月・10月の予定。
イメージ

【 さいたま子ども食堂 】は、毎週土曜日、夕方5時から7時の2時間、古民家カフェ藍におきまして開催...

[ さいたま子ども食堂 ]

 【さいたま子ども食堂】 8月27日(土) OPEN!

 【さいたま子ども食堂】 8月27日(土) 午後5時 OPEN!みんなでいただきますするのは  午後5時半く...

[ さいたま子ども食堂 ]

仙台市・築20年の中古住宅の査定・内部編①
イメージ

先週おこなった中古住宅の査定内容をお伝えします。査定というのは、築年数・構造・経年劣化・住環境などを加味...

[ 中古住宅の査定 ]

話題の古民家改装のご相談、承ります。
リビングから見た千本格子

中古住宅を古民家風にリフォーム!マンションを古民家風にリフォーム!藍建築工房が得意とする分野です。もち...

[ 古民家の憧れ ]

リフォームをわかりやすくするために。
イメージ

リフォームをお考えの方は、必ず困ったところや直したいところがあります。そこを工事すると、いくらかかる...

[ 手書きパース・図面 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ