コラム

 公開日: 2017-10-02 

外壁サイディングの劣化補修について 004

次にサイディングが劣化した時に工務店さんを呼んだ場合





この程度の状態でも張替を勧められたそうです




確かにこの辺も浮いているので表面は剥離することになるでしょうね
しかし張り替えるほどのレベルではないと私であれば判断します

なぜ業者によって言うことが異なるのかといえば・・・・

サイディングの補修技術は工法として確立しているわけではありませんので、
ある程度のレベルまでは直せるということを知らない方の方が圧倒的に多いのです


だからこそ弊社の補修作業が日経ホームビルダーの記者の目に留まったというわけです



記者さんのお話では取材に行った先々
サイディングメーカー 協会 サイディング施工業者  塗料メーカー どこに行っても驚かれたそうです



また 特集記事についても様々な反響がたくさん そして記事掲載後も長く続いたとのことです









これくらいのレベルになりますと補修は難しく交換になると考えます


さぃでんぐ劣化重2




固いサイディングも水分を吸ってグニャグニャになるのです



雑誌の表紙にもなった劣化事例ですが





補修後約5年でも塗膜の浮き等は発生していません

もちろん内部への浸水もありません

(表面の凸凹はあえてパテ埋め等をしていません 素地とパテの密着強度の心配があったためです
 外からは見えない場所の為塗装材のみで仕上げています )

ある程度の損傷まではサイディング張替や部分交換 カバー工法に多額の費用をかけなくても済む
ということがお判りいただけたのではないでしょうか?

サイディングの部分張替がお勧めできない理由はこちら↓
外壁サイディングを学ぶ

この記事を書いたプロ

有限会社さくらリフォーム [ホームページ]

職人 瀬下尊由希

埼玉県さいたま市南区鹿手袋6-16-1 シンハイム武蔵浦和104 [地図]
TEL:0120-640-446

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
瀬下尊由希 せしたひろゆき

埼玉県さいたま市を中心にした「外壁塗装」「屋根塗装」の専門店。丁寧な施工で「長持ちする家」を実現(1/3)

「お客様を第一に考えたいという思いから、下請け業務を少なくし、直営店としてスタートさせて10年以上経ちました」と、明るい笑顔で話す、有限会社さくらリフォーム代表取締役、瀬下尊由希さん。「当社に営業専門の営業マンはおりません。お客様からの...

瀬下尊由希プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

豊富な知識と丁寧な施工で長持ちする外壁・屋根塗装を実現

会社名 : 有限会社さくらリフォーム
住所 : 埼玉県さいたま市南区鹿手袋6-16-1 シンハイム武蔵浦和104 [地図]
TEL : 0120-640-446

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-640-446

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

瀬下尊由希(せしたひろゆき)

有限会社さくらリフォーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
火災保険を使用したリフォーム
イメージ

火災保険にご加入の方は覚えておいてください火災保険は 火災だけではなく  台風や突風による災害  雪に...

[ 火災保険リフォーム ]

さいたま市桜区の外壁サイディング塗装工事
イメージ

サイディングの表面とコーキングに劣化が生じているお宅の外壁塗装です表面の紫外線劣化コーキ...

[ サイディング ]

エイジング塗装 特殊塗装 シャビー
イメージ

木部塗装の古びた感じを表現する塗装です刷毛の使い方で かすれ を表現しています塗料ののせ具合で...

[ エイジング塗装 特殊塗装 ]

エイジング塗装 特殊塗装 ヨゴシ
イメージ

室内の壁をヨゴシの手法によってコンクリート壁のように仕上げています。もともとは白いクロス仕上げの壁です...

[ エイジング塗装 特殊塗装 ]

エイジング塗装 特殊塗装 サビ塗装
イメージ

サビた状態を表現する塗装です素材はベニヤ板ですが錆を表現すると鉄板のように見えてきます...

[ エイジング塗装 特殊塗装 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ