コラム

 公開日: 2017-09-28 

外壁サイディングの劣化補修について 003

さて それでは外壁が痛んでいる場合の事業者別の対応を考えてみましょう

サィデイングの補修技術がない塗装店の場合 

軽症の表面劣化程度 あれば下地処理をして、シーラーから中塗り上塗りと作業を進めれば大丈夫です。

「手に負えないな」

と感じたらサイディングの部分張替やカバー工法などを進めるかもしれません。


重症の場合はどの業者でも同じ結論になるのでそれでも良いのですが、中程度で補修可能な場合
少しもったいない工法を選択してしまうことになります。



あるいは 黙ってそのまま塗ってしまうか・・・・




このような結果になります。

こちらの塗装はかなりの数の塗装工事をされている有名な会社さんの施工です。



当時のお見積書も拝見いたしましたが、お値段もかなり安い工事費でした。

短期間で4から5人の職人であっという間に仕上げていくそうです。

工事の日程や職人の数、予算も限られているので適正な下地処理ができなかったのではないかと思われます。

塗装工事の難しいところは 「同じ予算でも同じ仕上がりになるとは限らない」 ということです。


相見積もりの際は、材料のグレードや金額だけにとらわれずどのような施工を行うのかよくご確認ください。

何人で どれくらいの工事期間 かが施工品質には重要になってきます。

この記事を書いたプロ

有限会社さくらリフォーム [ホームページ]

職人 瀬下尊由希

埼玉県さいたま市南区鹿手袋6-16-1 シンハイム武蔵浦和104 [地図]
TEL:0120-640-446

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
瀬下尊由希 せしたひろゆき

埼玉県さいたま市を中心にした「外壁塗装」「屋根塗装」の専門店。丁寧な施工で「長持ちする家」を実現(1/3)

「お客様を第一に考えたいという思いから、下請け業務を少なくし、直営店としてスタートさせて10年以上経ちました」と、明るい笑顔で話す、有限会社さくらリフォーム代表取締役、瀬下尊由希さん。「当社に営業専門の営業マンはおりません。お客様からの...

瀬下尊由希プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

豊富な知識と丁寧な施工で長持ちする外壁・屋根塗装を実現

会社名 : 有限会社さくらリフォーム
住所 : 埼玉県さいたま市南区鹿手袋6-16-1 シンハイム武蔵浦和104 [地図]
TEL : 0120-640-446

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-640-446

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

瀬下尊由希(せしたひろゆき)

有限会社さくらリフォーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
板張り廊下の再生塗装 03
イメージ

クリヤーの2回目 塗布直後です回を重ねることにより滑らかなクリヤー層が出来上がります。...

[ 室内木部塗装 ]

板張り廊下の再生塗装 02
イメージ

下地処理が終わっちところで、塗装工程に入ります。素地のままでは色が白すぎるので着色を行います。ペン...

[ 室内木部塗装 ]

板張り廊下の再生塗装 01
イメージ

最近のお宅では少なくなりましたが、板張り廊下の再生塗装工事をご紹介します。フローリング材ではこのようなこ...

[ 室内木部塗装 ]

サイディング壁から草が生えている事例 02
イメージ

01より 防水工事の続きです下地にプライマーを塗布したのちにFRP防水の要 ガラスマットの敷き込み作...

[ サイディング塗装工事 ]

サイディング壁から草が生えている事例 01
イメージ

外壁に使用されるサイディング材は経年劣化により損傷するので、いろいろな状態を目にしていますが、壁から草が生...

[ サイディング塗装工事 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ