コラム

2015-07-10

外壁サイディングを学ぶ5

コーキングの劣化現象01


サイディングの劣化の原因の1つとなるのが、ジョイント部のコーキングの劣化です



日当たりのよい南側2階の外壁部

サイディング同様コーキングも紫外線による劣化が進行します
サイディングが割れてしまっているのは、端部に近い部分に打ってある釘の周辺部です
劣化したサイディングに地震などで力がかかった場合にこのような現象が起きます

サイディングの裂け目から透けて見えているのは「ハットジョイナー」という部材です




このようなものになります


この部材の役目はコーキングの厚み調整と下の図のように


(サイディング壁の断面を上から見た図です)


「2面接着」の青部分が「ハットジョイナー」です
赤がコーキングなわけですが、このような仕上げを「ワーキングジョイント」と呼び
赤 コーキング と青 ハットジョイナーは接していますが 接着はしていません(ここが重要!)

サイディングに動きがあったり、力がかかった際にコーキング≒ジョイントが「仕事」をして
力を逃がすわけです
この時に図の下のように「3面接着」(ピンクの下矢印部分が接着)していると、左右方向への追従性が悪くなります

反復横とびをするときに背中をつかまれていたらうまく動けませんよね 

それと同じことです



建物によってはシールつきのバックアップ材(写真のものは角バックアップ材 丸い物もあります)や



厚みの調整がいらない場合には、目地奥の壁面と接着しないように、写真のような細いテープを張って
「2面接着」
に仕上げます

これを怠ると・・・・・・・・・・・・つづく

この記事を書いたプロ

有限会社さくらリフォーム [ホームページ]

職人 瀬下尊由希

埼玉県さいたま市南区鹿手袋6-16-1 シンハイム武蔵浦和104 [地図]
TEL:0120-640-446

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
材料の紹介
弱溶剤2液性シリコン塗料

外壁塗装に使用される一般的な塗料をご紹介していきます

 
このプロの紹介記事
瀬下尊由希 せしたひろゆき

埼玉県さいたま市を中心にした「外壁塗装」「屋根塗装」の専門店。丁寧な施工で「長持ちする家」を実現(1/3)

「お客様を第一に考えたいという思いから、下請け業務を少なくし、直営店としてスタートさせて10年以上経ちました」と、明るい笑顔で話す、有限会社さくらリフォーム代表取締役、瀬下尊由希さん。「当社に営業専門の営業マンはおりません。お客様からの...

瀬下尊由希プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

豊富な知識と丁寧な施工で長持ちする外壁・屋根塗装を実現

会社名 : 有限会社さくらリフォーム
住所 : 埼玉県さいたま市南区鹿手袋6-16-1 シンハイム武蔵浦和104 [地図]
TEL : 0120-640-446

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-640-446

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

瀬下尊由希(せしたひろゆき)

有限会社さくらリフォーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
日経ホームビルダー 特集記事について
イメージ

日本経済新聞社の子会社である日経BP社から専門家向けに発行されている「日経ホームビルダー」2016年10月号の特...

[ 日経ホームビルダー特集記事 ]

外壁サイディングを学ぶ7
イメージ

 コーキングの補修 外壁サイディングのジョイント部分に使用されているコーキング剤は、年数の経過や紫外線に...

[ サイディング ]

外壁サイディングを学ぶ6
イメージ

 コーキングの劣化現象02 絶対厳守の「2面接着」を怠ると コーキング自体の耐久性が落ちてしまうのと も...

[ サイディング ]

外壁サイディングを学ぶ4
イメージ

 サイディングの劣化現象02 さて次はちょっと深刻なサイディングの劣化ですサイディング壁の内部に...

[ サイディング ]

外壁サイディングを学ぶ3
イメージ

 サイディングの劣化現象01 私がお伺いするお宅は築12,3年のお宅が多いのですが、やはり塗膜表面に劣化が生...

[ サイディング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ